おすすめのインテリアコーディネート実例20選

インテリアコーディネイト

1.インテリアコーディネートとは?

インテリアコーディネートとは、その部屋や空間に合わせたインテリアを選ぶ、それがインテリアコーディネートです。

インテリアコーディネートは自分で行うケースもありますが、人に依頼することも可能です。

自分でインテリアコーディネートをする人は、少しセンスなどが必要になってくるかもしれませんが、センスがない人がインテリアコーディネートをしてしまっても、統一感のないようなおかしなインテリアコーディネートになってしまうかもしれません。

その点プロのインテリアコーディネーターに依頼した場合には、その人のライフスタイルに合わせて、その部屋や家の雰囲気を抑えて、インテリアコーディネートを考えてくれますから、素敵な雰囲気に生まれ変わると思います。

インテリアは統一感が必要ですから、統一感のないインテリアコーディネートは、あまりいい部屋だとは言えません。

部屋づくりというのは、インテリアで何を選ぶのかということだけでなく、家具やインテリアの配置なども大切ですから、配置についてもよく考えたうえで、インテリアコーディネートをしなければいけません。

家具選び、インテリア選び、そして家具などのレイアウトなどすべてを含めてインテリアコーディネートをするということになるのです。

見栄えばかり良くて、生活しにくければ意味がありませんから、使う立場、生活することを考えてインテリアコーディネートもしていかなくてはいけませんから、意外と難しいと思います。

2.一人暮らしのインテリア

一人暮らしのインテリアは、統一感もつけやすくて選びやすいですね。一人暮らしの人は、自分の好きなようにインテリアを選ぶことが出来るので、自分好みの部屋に仕上げることが出来ます。

女性の一人暮らしのインテリアでイメージできるのは、女性らしい、かわいい部屋、そして男性の一人暮らしのインテリアと言えば、モダンな感じや、モノトーンな感じのインテリアを想像する人も多いのではないでしょうか。

一人暮らしのインテリアはシンプルなインテリアを選んでおけば、カーテンや周りの装飾を後から模様替えとして変えることもできますから、無難な感じにシンプルなデザインを選んでおくといいかも知れませんね。

インテリアは色々とありますが、一人暮らし用と言えば、少し小ぶりであったり、機能の面でかけるかも知れないと思っている人も中にはいるかも知れませんが、インテリアの中でも最近は一人暮らしであっても、素敵なものも色々と販売されていますから、かわいくて、素敵で、機能面でも優れているものを選びたいですね。

一人暮らしのインテリアを探す場合には、インターネットの通販やカタログショッピングを利用するという人もいたり、IKEAなども人気ですよね。

またニトリなども人気で、今は色々とおしゃれに一人暮らしのインテリアを揃えられるので、揃えるのも楽しいと思っている人は多いのではないでしょうか。

しかも比較的リーズナブルな価格で揃えられるのがいいですよね。

3.北欧のインテリア

北欧のインテリアが今日本でブームになっています。

なんとなく温かみがあり、それでいてシンプルで、ぬくもりを感じるような北欧のインテリアは、日本で人気です。

北欧のインテリアと言えば、IKEA で手軽に、リーズナブルな価格で購入できるということもあり、IKEAが全国に色々とオープンした際には、待ち時間が出るほどIKEAに入る人が多かったともいわれているくらいに、北欧のインテリアは人気です。

北欧のインテリアは、とてもシンプルで、どんな雰囲気にもマッチする感じがするのですが、それでいて存在感もあり、とても素敵ですよね。

北欧のインテリアを見ていると、落ち着く、そんなインテリアの中で暮らしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ソファーやベッド、ランプや、テーブルサイド、ダイニングテーブルなど、色々なインテリアがありますが、IKEAに行ったときに北欧インテリアがとても素敵で、我が家もこの際北欧インテリアにしてしまおうかと思ったくらいでした。

雑誌などでも北欧インテリアを特集しているものも増えてきていますから、これからもまだまだ日本で北欧インテリアはブームになること間違いなしではないでしょうか。

素敵にシンプルに、それでいて、温かさを求めている雰囲気の人は、北欧インテリアがお勧めです。

北欧インテリア特有の温かさが、伝わってきて、とても素敵で、部屋にいるだけで落ち着く環境を作ることが出来ますからいいですよ。

これからもまだブームは続きそうです。

4.インテリアと家具

インテリア・家具はその部屋の雰囲気を決めてしまいますから、なかなか選ぶのが難しいですよね。

インテリア・家具と言えば、ソファーやテーブル、ベッドなど色々な家具がありますが、自分の理想や自分がこんな部屋にしたいと思っているイメージというのは、実際には色々とあって、種類を選ぶのが難しいという人も多いと思います。

インテリア・家具というのは、そんなに頻繁に購入しませんし、1度決めたらしばらくそのままですから、とても選ぶのが難しいと思います。色々なインテリア・家具がある中でいかにインテリア家具をスムーズに選ぶことが出来るのか、それがわかれば苦労しませんね。

インテリア・家具の選び方はそれぞれのインテリア・家具によって違っていますが、たとえば、ソファーの選び方としては、ソファーを見た目だけで選ばずに、くつろげるかどうかなども選ぶ対象にしてみるといいと思います。

ソファーだけでなくインテリア・家具を選ぶ際には、どうしても見た目やデザインを重視して選んでいるという人はとても多いと思うのですが、見た目のデザインと、実際に使った際の使い心地や、座り心地などは、まったく違うこともありますから、やはり自分たちが座ってみて、肌触りや色々な面を見てから、インテリア・家具は選んだほうがいいのではないでしょうか。

インテリア・家具をデザインだけで選ばない、それがポイントですね。

他にも選ぶ際には機能面やさわり心地など感じる部分をチェックすることも大切です。

5.インテリア雑貨

インテリア雑貨、女性ならきっと好きではないでしょうか。インテリア雑貨が好きな人は、買い物に出かけても、結構インテリア雑貨を色々と選んでしまうと思いますが、インテリア雑貨を選ぶ際の注意点としては統一感のないインテリアにならないように注意した方がいいですね。

インテリアはその家や部屋の雰囲気にも関係してきますから、その部屋に合わせたインテリア雑貨を選んだほうがいいのです。

好きなものだけをあれこれインテリア雑貨を選んでいても、やっぱり気がついてみると統一感のない部屋になっていると思います。インテリア雑貨を部屋に置く場合には、物を買うというよりは、物を選ぶことにポイントを置いて買い物をしましょう。

難しいように聞こえるかも知れませんが、素材の統一性、形の統一性、色の統一性についてもよく考えたうえで、選ぶ、それが大切なことですね。

例えばですが、モダンな感じでインテリアを統一したいと思っているのでしたら、それに合わせたインテリア雑貨を選ぶ必要がありますから、シルバーやクリスタル系、スタイリッシュな感じの色を選ぶのがいいと思います。

温かい雰囲気の部屋にしたいと思っている人の場合には、ナチュラルな感じや、優しい色をインテリア雑貨を選ぶ際に選ぶようにするといいでしょう。

インテリア雑貨のお店は沢山ありますが、自分が気に入ったものだけを購入していたのでは、気がついたときには、統一性のない部屋になっていることもありますので注意しましょう。

6.インテリアと通販

インテリアを通販で購入するという人も多いと思いますが、インテリアを通販で購入する場合の注意点について紹介したいと思います。

インテリアを通販で購入するという場合には、目で見て実際に触って選ぶことが出来ませんから、洋服を選ぶ以上に慎重に選ぶ必要があります。

なぜなら洋服なら安いですが、インテリアは大型でそして値段も高いのが特徴ですから、インテリアを通販で選ぶ際には慎重に選びましょう。

インテリアを通販で取り扱っているショップはとても多いですが、ショップで購入する際に、もしも届いた商品が気に入らなかった、思ったものと違っていた場合にはどうなるのかなどもよく考えておきましょう。

大きさについては通販サイトにも掲載されていると思いますが、きちんとサイズを見たうえで置く場所におけるかどうかなども考えたうえで、計測して選ぶようにしましょう。

購入していざ配置してみたら、おこうと思っていたスペースに置くことが出来なかったということになってしまってもいけませんから、必ずサイズなどは図った上で購入するようにしましょう。

そしてもしもサイズが違っている、商品がイメージと違っていた、商品が不良品だったという場合には、通販で買ったインテリアは取り替えてもらえるかどうかなども調べたうえで、購入しましょう。特定商取引に関するページが通販のインテリアショップのサイトには掲載されていると思いますから、利用前に確認しておくといいでしょう。

7.インテリア照明の選び方

インテリアの一つ照明の選び方というのは、照明一つで部屋の雰囲気がとても変わってしまいますから、とても大切なことですよね。

インテリア照明の選び方としては、朝と夜が1日にあるみたいに、部屋の夜の顔を彩るのが照明ですから、ただ単に暗いからつければいいというのではなくて、昼と同じ雰囲気にすることや、居心地の良い空間、落ち着く空間、和める空間を作るということも、インテリア照明の選び方のポイントになっています。

インテリア照明を選ぶ前にしなければいけないこととしては、部屋全体が明るくなる照明と部分的に明るくするための照明など、照明と一言で言っても色々ありますから、インテリア照明として、どんな証明を選ぼうと思っているのか、それをまずは考えたうえで選ぶことが大切です。

インテリア照明には、優雅な雰囲気のものもありますし、すっきりしているスタイリッシュなものペンダントライトなど、色々と種類がありますので、ひとつの種類に絞るのではなくて、いくつも照明を組み合わせるというのもいいかも知れませんね。

インテリア照明は部屋の雰囲気を作る一つの要素にもなりますし、部屋を演出するためにもポイントとなってくれますから、インテリア照明を選ぶ前に、その照明の目的などをしっかりと考えておいた方がいいと思います。

お店にインテリア照明を見に行く前に、どんなインテリア照明を選ぼうかまずは考えてイメージしておくと、スムーズに選ぶことが出来ていいでしょう。

8.インテリアブログ

インテリアブログとは、ブログのジャンルがインテリアに関するブログということになるのですが、今ブログを書いている人の人口はとても多いといわれていますが、インテリアブログをやっている人も多く、センスのある人や、とても素敵なインテリアを家で取り入れている人などが、インテリアブログを書いています。

インテリアブログを覗いてみると、とても素敵なインテリアで、まるで雑誌から抜け出してきたのかと思うようなインテリアにうっとりしてしまいますよ。

インテリアブログに参加している人というのは、やはりインテリアが好きで、色々と工夫している人だと思います。普段あまりセンスがなくて、インテリアが上手にコーディネートできないという人も、インテリアブログを見て、勉強したり、参考にしてみるというのもいいかも知れませんね。

インテリアブログに掲載されている人のインテリアの配置や選び方はとても参考になると思います。インテリアブログといっても、インテリアの雰囲気の好みは色々あります。

ナチュラルな感じが好きな人もいれば、モダンな感じが好きな人もいますし、今話題の北欧インテリアで統一している人もいますから、自分の好みに合うインテリアを取り入れている人のインテリアブログを見て参考にしてみるといいかも知れませんね。

インテリアブログを参考にして、色々と取り入れたら、次は自分でインテリアブログを立ち上げるというのも素敵かも知れません。

9.部屋のインテリア

部屋のインテリアは皆さんどうやって考えているのでしょうか。

部屋のインテリアを考えるときには、自分の好みを中心にして、考えるという人もいると思いますし、他にもどんな感じの部屋にするのか、ある程度頭に構想があって、それをもとにしてインテリアを選ぶという人もいるかも知れませんね。

部屋のインテリアは、思い切って冒険をするという人もいるかも知れませんが、シンプルで統一感のあるようなインテリアにした方がいいかも知れませんね。部屋のカーテンや家具の色など、雰囲気をそろえることで部屋のインテリアはスタイリッシュになると思います。

人によっては、部屋のインテリアを選ぶ際に、風水を元にしているという人もいると思います。風水を元にしている人の場合には運気が上がるインテリアの選び方や、幸せになれるインテリアの選び方などを参考に、部屋のインテリアを選んでいるのではないでしょうか。

部屋のインテリアを考える際に悩んだら、白を基調にするといいですよ。白を基調にしたインテリアなら、清潔感もありますし、どんなものを持ってきても、合わせやすいと思います。また色を白以外にするとしたら、同系色の家具やインテリアを取り入れるとまとまりがあって落ち着くと思います。

部屋が落ち着かないという人は、もしかすると統一感がなく、まとまりがないから落ち着かないのかも知れませんから、統一感のあるまとまった雰囲気を出したいなら、部屋のインテリアの色がポイントです。

10.リビングのインテリア

リビングのインテリアを選ぶ際には色々と悩んで選ぶという人が多いと思います。

リビングというのは家族がみんなで集まる場所でもありますし、時にはお客さんも着る場所ですから、リビングのインテリア選びは慎重に選ぶ必要があります。リビングの家具は家の中心のインテリアということにもなりますから、やはり癒されるような空間を作る、落ち着く空間を作るためにも大切なインテリアということになります。

リビングのインテリアは、誰でも明るい感じになれるように落ち着いた、明るい雰囲気のものを選びようにしましょう。そしてリビングというのは、一番日当たりがいい場所にあるケースが多いですから、カーテンも大切なインテリアとして選び方には注意しましょう。

カーテンの選び方だけでもとても雰囲気が変わるものです。

インテリアは、リビングすべての雰囲気を考えて、ソファ、ラグ、テレビ台など色々とコーディネートして選ぶといいでしょう。

バラバラに選んでしまうと、統一感のないインテリアになってしまって、リビングが落ち着けない雰囲気になってしまいます。家具と下に敷くカーペットとのバランスなども考えて、リビングのインテリアは考えた方がいいでしょう。

リビングのインテリアを考えるのが難しいという人は、インテリアコーディネーターに案を考えてもらうという手もありますので、色々と自分でできなければ人の力を借りてみてもいいかも知れませんね。

素敵なリビングインテリアを選んでください。

11.インテリアと風水

風水は取り入れることで運気をアップしたり、災いを避けることが出来るといわれているのですが、風水をインテリアに取り入れることで、毎日の生活の中にも運気をアップさせることや、災いを避けることが出来るようになります。

風水を使って開運をする方法としては、色々とありますが、家の真ん中から八方位の方向を調べて、そのそれぞれの場所や方位に合うものや色などを置くことで運気をアップさせます。

他にもインテリアに風水を取り入れるという場合には、自分に力を与えてくれる方角に運気をとりに行くというような気学風水と呼ばれる方法もあります。

インテリア風水を使って運気をあげる方法としては、自分が高めたいと思っている運気と関わっている方向の気の流れをまずは、良くすることを考えましょう。

その方位は、家の中心から考えた場所です。間取り図を見たりして家の真ん中を探して、そこの真ん中を中心にして、東西南北に線を引いて、真ん中から45度ずつずれている地点が東北や北西、南西や東南といった場所になります。

まずは自分の家の方角を調べてから、インテリア風水を取り入れていきましょう。玄関は外に向かって開く場所ですから、風水上では交際に関する場所とされています。

お客様が玄関から入ってくるように、幸運も玄関から入ってきますから、清潔を保って、いつでもいい雰囲気でお迎えしなければいけないのです。

毎日掃除をすることが大切です。このようにインテリア風水は、それぞれの場所に合った取り入れ方があります。

12.ナチュラルインテリア

ナチュラルインテリアは、今インテリアの種類の中でも一番人気があるといってもいいかも知れませんね。

ナチュラルというのは、そもそも自然や天然を意味しているのですが、ナチュラルインテリアというのは、都会的な雰囲気でとてもシンプルなのですが、どこか温かい感じのインテリアのことを言います。

ナチュラルインテリアでは、個性的な装飾や奇抜な装飾などは一切使わないで、比較的スタイリッシュですっきりとしている感じのインテリアです。

どちらかと言えば配色的には、淡い感じの色合いになるのです。流行やトレンドなどには影響をうけませんから、どんな時代でも、どんな場所にもマッチするのが、ナチュラルインテリアというインテリアの種類です。ナチュラルインテリアは、シンプルでなおかつモダンな感じがして、温かみがある雰囲気です。

エレガントといった感じよりは控えめで、飾らない自然な雰囲気です。ナチュラルインテリアとよく間違えられるのが、カントリーですが、カントリーインテリアは意外にごちゃごちゃしていて、賑やかな雰囲気ですが、ナチュラルインテリアはそれよりはクールな感じで洗練されているといってもいいかも知れませんね。

ナチュラルインテリアは、ライン的には、すっきりとしたラインで、色はアイボリーや白を基調にしているケースが多いです。素材的には天然の木を使っていたり天然素材のオーガニックなどのファブリックが似合うのがナチュラルインテリアです。

13.インテリアの観葉植物

インテリアとして観葉植物を部屋に飾っているという人は多いと思いますが、プレゼントとして観葉植物をインテリア替わりに送ってもいいかも知れませんね。

観葉植物といっても色々な種類がありますから、インテリアとして利用できる観葉植物をここで紹介したいと思います。例えば、オーガスタはどうでしょうか。葉も大きくて青々としています。他にも幸福の木、青年の樹、パキラ、なども人気のインテリア観葉植物です。

インテリアの雰囲気がアジアンテイストな場合には、アジアンバスケットに入れればなおアジアンな感じがしていいかも知れませんね。

インテリア観葉植物として、とても目を引くようなものとしては、存在感のあるソング・オブ。インディアやなどがお勧めです。観葉植物はリビングなどにあるとそれだけで、ナチュラルな雰囲気やインテリアが明るくなりますから、置くことはとてもいいことだといわれています。

観葉植物をこれから購入しようと思っている人は家の雰囲気に合わせて、インテリアと調和がとれるようなものを選ぶといいかも知れませんね。

引越し祝いや新築祝いに、インテリア観葉植物をプレゼントするという人も中にはいるともいますから、それはそれでいいかも知れませんね。

部屋にあるだけでインテリア雑貨と同じ役割を果たし、存在感を持たせてくれるインテリア観葉植物は、とてもお勧めです。インテリア観葉植物をこれから購入する人は、陶器のはちに入れるのか、籠にするのかでも雰囲気が変わります。

14.アジアンインテリア

最近アジアンインテリアが人気です。バリやインド風の少しどこかエキゾチックな感じを漂わせているアジアンインテリアが人気ですが、シンプルなのにとても個性的な感じがしています。シンプルが基本のアジアンインテリアですがどこか個性的で、おしゃれですよね。リビングや寝室などをアジアンインテリアにすれば、とても落ち着く空間が出来るのではないでしょうか。アジアンインテリアですが、エキゾチックな感じのインテリアを選ぶだけで、アジアンインテリアな雰囲気を出すことが出来ます。

アジアンテイストのインテリアを購入する場合には、すっきりとさせることが大切なポイントでもあります。家具や小物を引き立たせる部屋、それがアジアンインテリアのとりいれられた部屋です。どちらかと言えば部屋の壁は薄い色が似合います。そして民族風な感じの素材を取り入れてみたり、バンブーを使っているもの、藤や竹などの素材などもいいかも知れませんね。

一言でアジアンインテリアといっても色々な種類があると思いますが、今人気なのは和の雰囲気よりもエキゾチックなリゾート感あふれるスタイルです。

アジアンテイストの部屋でも人によっては和の雰囲気を強調させたいと思っている人もいるでしょうから色々ですが、アジアンインテリアは、手軽に取り入れて模様替えすることが可能です。

アジアンインテリアを取り入れる場合はベースとなる、壁や床の色を淡くすることがお勧めです。

15.玄関のインテリア

玄関のインテリアにはこだわりを持っている人は多いと思います。

玄関というのは、言ってみれば家の顔の部分でもありますから、少しでも綺麗に、そして来てくださったお客様を玄関でおもてなし出来るように、玄関のインテリアにはこだわりたいですね。

玄関のインテリアは風水では、とにかくシンプルで、色々な幸せや運を取り入れやすいようにすることがポイントであるといわれていますし、それだけでなく、玄関は家の顔になるので、あまりドライフラワーなどは飾らない方がいいといわれています。

中には剥製を飾っている家もあるといわれていますが、玄関のインテリアとしては風水の面から考えてみると、ふさわしくないようですので注意しましょう。

玄関のインテリアを考える際には、それぞれの個性や好みなどもありますから、特にどんなインテリアが良くて、どんなインテリアが悪いということはありません。玄関のインテリアを考えるときには、自分たちの個性を活かして、見せるインテリにしてもいいのではないでしょうか。

その際に、あまりにもごちゃごちゃとした印象を持つような、玄関の場合には、来てくださったお客様も、あまりいい印象を持たないでしょうから、玄関のインテリアを考える際には、すっきりと、シンプルにさせることがポイントだと思います。

また玄関のインテリアにこだわるのであれば、出来るだけ綺麗に清潔に保つことを忘れないようにしましょう。玄関のインテリアを考える前の基本です。

16.モダンインテリア

モダンなインテリアというようによく使いますが、モダンなインテリアというのは、実際にはどんなインテリアのことを言うのでしょうか。モダンなインテリア、具体的にはどんなインテリアを指すのかここでは紹介していきたいと思います。よく、シンプルモダンというような言い方をするケースが多いですが、シンプルモダンというのは、飾らない現代的なという意味があります。ガラスやステンレス、プラスチックといった、どちらかと言えば、無機質な感じのものを使って、インテリアをコーディネートしているのがシンプルモダンインテリアです。モダンインテリアは、どちらかというと、独身の男性のイメージや夫婦だけの家庭というようなイメージを持っている人が多いかも知れませんね。あまり色も使わない、白を基調にしていて、淡い色や黒などで統一されていますから、子供や家族のイメージがわかない人も多いかも知れません。モダンインテリアは、とても清潔感があるイメージで、透明感もありますし、軽い感じがしますね。飾らないシンプルでスタイリッシュな雰囲気のインテリア、それがモダンインテリアです。モダンインテリアを取り入れた部屋はシンプルではありますが、温かみには少し劣るかもしれません。若干シンプルモダンインテリアは、冷たくてクールなイメージがあるかもしれませんが、スタイリッシュで洗練された感じがして、都会的な雰囲気の部屋づくりをするには、とてもいいインテリアになると思います。

17.和室のインテリア

和室のインテリアを考える際に、少し頭を悩ませているという人は多いかも知れませんね。なぜなら和室のインテリアというのは意外と大変だからです。和室のインテリア、床が畳で押入れが見えているだけに、何をどう配置すればすっきりと、センス良くまとまるのかわからない人も多いと思います。

確かに和室に置く家具というのは、どんなものが似合うのか難しいところですよね。和室はそもそも、何も置かないのが一番です。何も置いていない和室の方が、すっきりとして綺麗に見えて、本来の和室としての機能を活かすことが出来ていいと思います。

和室にインテリアを置くという場合には、インテリアの種類や高さなどに注意して選びましょう。

和室はそもそも座って過ごす場所ですから、インテリアは出来れば、あまり背の高くないものがいいでしょう。クロゼット家具などは出来れば置かないで、洋服を掛けるスペースが欲しいというのであれば、押入れの中に突っ張り棒を入れて作るといいと思います。

和室のインテリアの配色は、淡い色がいいかも知れませんね。和室だからというイメージや固定概念を捨てて、和室もインテリアを楽しむことが大切です。

和室だからと固定概念でインテリアを選んでしまうと、良いインテリアを選ぶことが出来ません。

和室のインテリアを選ぶときには、その空間に合った、高さを揃えて空間が落ち着くようなスタイルのものを選ぶといいかも知れませんね。バラバラの高さだと和室が落ち着きません。

18.和モダンインテリア

和モダンインテリアというのはどんなインテリアなのかというと、和といいますと日本の伝統的な雰囲気のことですが、それをモダン、つまり現代風にアレンジしていることを和モダンインテリアを読んでいます。

和モダンインテリアの空間はとても素敵で、落ち着きを持ちつつ、それでいて今の時代にぴったりな雰囲気も醸し出していますから、なお素敵ではないでしょうか。和モダンインテリアを取り入れるにあたっては、やはり和の心を忘れてはいけませんが、昔からの和というよりも時代に合った、モダンな雰囲気に仕上げることが大切です。

少し前までは、若い人たちの間でも、洋風が好まれていたのですが、ここ数年で和を基調にしている和モダンインテリアが人気を集めています。和モダンインテリアを取り入れることで素敵な空間を演出することが出来ます。

和モダンを取り入れるととても落ち着いた感じになり、癒されるという人も多いかも知れませんね。実際に和モダンテイストの建売住宅なども人気があり売れている理由には、癒しを求めている今の日本人の心があるのかもしれません。日本の昔ながらの和の心と、そしてモダンな雰囲気を両方あわせもった和モダンな雰囲気、今人気のインテリアでもあります。

和モダンインテリアを専門に取り扱っている家具のお店も増えていますし、インテリア雑貨のお店でも、和モダンをモチーフにしたものを色々と取りそろえているというケースが増えてきたと思います。

19.子ども部屋のインテリア

子ども部屋のインテリアって色々と工夫したいと思いつつ、なんだか統一性のない感じになってしまうという人も多いのではないでしょうか。

子供部屋のインテリアは、今とても人気で、海外のおしゃれな子ども部屋のインテリアが掲載されている本なども多数販売されていますし、日本でもいかにして、子供部屋のインテリアを素敵にするのか工夫している人は多いと思います。

子ども部屋のインテリアを考える際には、安全でとにかく危険ではないものを選ぶようにしましょう。

いくらおしゃれであっても、ガラスでできていたり、とがっている、角があるようなものは子ども部屋のインテリアとしては適していません。

そして子供部屋のインテリアだからと言って、子供が小さいうちだけ使えるようなものを選ぶのではなくて、長い目で見て使えるような子ども部屋の家具を選ぶといいでしょう。

収納家具を選ぶ際には、年齢に合わせたり、いらなくなっても別の使い道があるような、他の部屋でも使えるようなシンプルな感じのものを選ぶといかも知れませんね。

子供部屋のインテリアを選ぶ際には、自然な感じの光に近いライトを選ぶといいでしょう。光は一番大切ですから、照明選びにも力を入れます。

カーテンやリネンは子ども部屋のインテリアとして冒険してもいい場所ですから、思い切って可愛いデザインを選ぶといいかも知れませんね。

壁紙も海外の子ども部屋のように思い切って変えてしまうのもいいかも知れませんね。

20.トイレのインテリア

トイレのインテリアに気を配っていますか?トイレというのは家族の健康運が影響される場所といわれていますから、トイレが汚れていたり陰気臭いと、家族の健康運に影響が出てしまいます。

トイレというのは温かみがあって、明るくていつも清潔で、そしていい香りがしていなければいけません。トイレのインテリアだけでなく不潔な状態が続いていると、女性の健康にとても影響が出ると言われているので注意しましょう。

トイレのインテリアとしては、色々と出来ると思いますが、やってはいけないことをここで紹介しましょう。

トイレのインテリアの色を選ぶ際に、黒×白のモノトーンのインテリアを選ばないようにしましょう。黒は陰の水の気を持っていますから、トイレの運気を下げてしまいます。

そして白と組み合わせることでさらにこの力を強めてしまいますから、トイレのインテリアの色としては、黒と白の組み合わせは避けた方がいいでしょう。

トイレのインテリアとして本を置いている人や、雑誌を置いている人も多いですが、これらの雑誌や本というのは、トイレの水の気を吸い取ると言われているので、運気的にはあまり良くないと言われていますから避けましょう。動物がモチーフになっているインテリアを置くのもやめましょう。

火の気を持っているとされている動物のモチーフを使うと、トイレと相性が悪くなるので、インテリアには向きません。トイレのインテリア一つで家族の体調なども左右されますから、トイレのインテリア選びには十分に注意しましょう。

21.ワンルームのインテリア

ワンルームのインテリアを考えるのって結構楽しいですよね。

ワンルームの部屋というのは狭いので、それだからこそ選ぶのが楽しいというのもあります。ワンルームのインテリアを選ぶ際には、いかに広く見せるか、狭く見えないか、そんなことも考えた方がいいかも知れませんね。

一般的にワンルームの部屋の広さは、6畳くらいではないでしょうか。

その広さの範囲の中でインテリアを色々と選ぶ必要があります。狭いワンルームのインテリアを考えるのはとても大変だと思っている人も多いかも知れませんが、実際には、広々としている部屋のインテリアを考えるよりも、狭い部屋のインテリアを考える方が簡単で、面白みがあります。

広ければどんなインテリアも合わせることが出来ますが、狭い部屋こそ、自分で配置を考えたり、色々と考えていく必要がありますから、狭い部屋ほどインテリアが面白くなります。

ワンルームのインテリアを色々と考える際には、限られたスペースにいかに上手にインテリアを配置して、すっきりと綺麗に見せて、それでいて落ち着いた空間を作るのか、それがポイントになります。

一人暮らしでワンルームに住んでいるという人は多いと思いますから、ワンルームのインテリアは、ワンルームに合ったものを色々と配置していくのがいいのではないでしょうか。

自分好みのインテリアを集めてもいいですが、ワンルームはなんせスペースが限られていますから、しっかりと配置を考えなければいけないのです。

22.インテリア実例

インテリアの実例というのは、他の人がどんなインテリアにしているのか、またプロがインテリアを配置するとこうなる・・・といった例のことをインテリアの実例といいます。

インテリアを選ぶときも、インテリアをどうしようかと構想を練る時も、インテリアについて何か例をみることが出来ればいいですよね。インテリアの実例を見れば、自分には思い浮かばなかったようなアイディアなども思い浮かぶかも知れませんから、いいかも知れませんね。

インテリアの実例を色々と見てみて、自分のスタイルや、自分がこうなりたいと思っていた通りのものがあれば、まずは真似してみることから始めるといいかも知れませんね。

最初から、上手にインテリアをコーディネートさせるというとは難しいと思いますから、インテリアの実例を見て、取り入れられるところは取り入れてみてまねをすることから始めてみてはいかがでしょうか。

上手にまねをすることが出来るようになれば、次に自分でインテリアについて色々と考えるときには、インテリアの実例を見なくても、イメージが沸くようになっているかも知れません。

インテリアの実例をみたいという場合には、インテリア雑誌などにも掲載されていますが、それ以外にも、インテリア会社などのサイトにも掲載されていますし、インターネットでもインテリアの実例を見ることが出来ますので、調べてみるといいかもしれませんね。

インテリアの実例を見て、センスを盗むといいでしょう。

23.ハワイアンインテリア

ハワイアンインテリアは、ハワイな感じのインテリアのことですが、日本でもハワイアンインテリアが好きな人は好きですよね。ハワイアンインテリアを取り入れたいと思っている人は、一番手軽なのがハワイアンキルトを取り入れることかも知れませんね。

ハワイアンキルトの模様を取り入れるだけで部屋がハワイアンな雰囲気になること間違いなしです。他にもハワイアンインテリアを取り入れる際には、自然な感じを取り入れるといいですね。ナチュラルな素材がハワイアンインテリアにはぴったりだと思います。

ハワイアンインテリアを取り入れるために最近では、ハワイアンインテリアのための雑貨なども販売されています。通販やインターネットのショップなどでも、沢山ハワイアンテイストのインテリア雑貨は販売されていますから、あれこれ見てみるといいかも知れませんね。

ハワイアンインテリアのポイントは、何といってもハワイアンキルトです。マルチカバーをソファーにかけるのもいいと思いますし、ハワイアンキルトで作られているクッションが置いてあるだけでも、その部屋がなんだかハワイアンなイメージになります。

ハワイアンインテリアは、甘くならずにすっきりとしたイメージで人気です。部屋の雰囲気をハワイアンインテリアに統一させたいと思っているのであれば、まずは、ハワイアンキルトを取り入れて、そして竹でできたラグや、アジアンラブ、バンブー素材のインテリアを取り入れるとハワイアンな雰囲気になります。

24.キッチンインテリア

キッチンのインテリアは女性なら、特に力を入れたいと思っている部分かも知れません。キッチンのインテリアを考えるときには、色々と考えなければいけない点があり、見栄えの良さだけでキッチンのインテリアを選ぶことが出来ないということです。

なぜなら、リビングや他の部屋に比べると、キッチンというのは、作業をするスペースですから、見栄えのいいインテリアよりは、機能面や作業効率なども考えなければいけません。作業効率や機能の面も考えたうえで、いかにデザイン性も高いインテリアを選ぶか、それがキッチンのインテリアのポイントです。キッチンインテリアというのは色々とありますが、自分の好みで揃えていく際に、使いやすさを一番に考えて、やはり2番に来るのがデザインではないでしょうか。

特に料理が好きな人などはキッチンへの思い入れというのは強いと思いますから、ただのシステムキッチンでも、後で自分でいかにインテリアを選んで、素敵な空間にするのかということは大切なことだと思います。インテリアを選ぶ際にはやはり好みなども重点的に占める割合が大きくなると思いますが、やはり、キッチンは使いやすくて、料理がしやすいこと、それが一番大切なことだと思います。

キッチンインテリアは、実例なども取り入れながら、自分なりに時間をかけてすべてを一度に揃えるのではなくて、少しずつ実行していくといいかも知れませんね。キッチンインテリアが完成した頃には、自分にとって、とても過ごしやすい空間になっているでしょう。

25.マンションのインテリア

マンションのインテリアを考えるときに、リビングがとても広くて大変だと感じる人は多いようですね。

確かに、一戸建てに比べると開放的なリビング、ダイニングキッチンのマンションは空間が広いために、どうしていいのかわからないという人も中にはいるのかも知れません。

マンションの空間が広くても、これからどうしていけばいいのかわからない人でも、まずはインテリアを選ぶ際に、自分の頭の中でイメージをするのが大切です。

マンションインテリアはどんなタイプのものがいいのか、モダンなタイプにするのか、それとも、シックな感じなのか、それとも温かみのあるナチュラルなテイストのマンションインテリアを導入するのか。それを考えるのが大変ですが、それが楽しみでもあるかもしれませんね。

マンションインテリアについては、ある程度そのマンションの部屋の雰囲気によって決まってくることがあります。最近はインテリアコーディネーターがデザインや設計にかかわっているマンションも多く建設されていますから、最初から部屋の雰囲気がとてもスタイリッシュでモダンな感じに仕上げられているところも多いのです。

そのため、マンションインテリアといっても、それに合わせて選ぶということになるのではないでしょうか。マンションインテリアをこれから考えている人は、まず自分のマンションの部屋の雰囲気、そして自分がどんな風に仕上げたいと思っているのか、それを考えるといいかも知れませんね。