ダイエット

上手くいくダイエット計画の立て方。ダイエットダイアリーのコツ

ダイエットを始めるには計画?

ダイエットを行うとき、きちんと計画を立てていますか?

なんとなく「痩せたい」「とりあえず食事を減らせば落ちるだろう」と考えて見切り発車でダイエットを行う人もいると思います。

でも、無計画に実行しては効果を感じられないばかりか、栄養バランスなどを崩す原因にもなりかねません。

そこで無理なくダイエット計画を立てるコツを紹介したいと思います。

女性にあった体重の落とし方

女性にあった体重の落とし方

女性が体重を減らそうとする場合、体重を落としやすい日と落としにくい日があることをご存知でしょうか。

女性ホルモンが、女性には生理があるので一定の周期をもって分泌される仕組みです。

一般的に生理前は体重が増え、生理が終わるともとに戻ると言われています。理由が女性の体重の増減にはあるのです。

卵胞ホルモンが多く分泌される卵胞期と呼ぶのが、生理から排卵までの間です。

排卵から生理になるまでは、黄体ホルモンが多く分泌される黄体期と呼びます。

黄体ホルモンの影響で体が水分をためこみやすい状態になり体重が増えるのが、黄体期です。

生理が終わると、水分をためこまなくなるために体重は戻ります。

体重は、生理の周期を自分で知ることにより、効率よく落とすことができるようになるかもしれません。

生理後の、体重が戻るタイミングをうまく利用できれば体重を落とせるというわけです。

女性周期ダイエットもしくは生理周期ダイエット、月経周期ダイエットと呼ばれているのが、このダイエット方法です。

女性を憂鬱な気分にさせる生理も、周期をうまく利用すれば体重を落とすことができるのです。

体への負担もかかりにくく、女性には適した体重を落とす方法だといえるのは、女性特有の体調の変化を考えながらのダイエットだからではないでしょうか。

ダイエットに成功する計画の立て方

ダイエットに成功する計画の立て方

しっかりとダイエットを成功させるためには、実効性のある計画を立てることが必要でしょう。

ダイエットに限った話ではなく、ものごとを成功させるためには計画が重要なことは当たり前のことです。

計画を立てる前に、どんな状態になればダイエットが成功かどうかを考えましょう。

ダイエット成功への第一歩は、ダイエットが成功したときのゴールを明確にすることなのです。

目標は数値でできるだけ表すようにして、それまでの期限も決めましょう。

計画そのものは、多少余裕を見るくらいがぴったりです。

停滞期というものがダイエットにはありますし、自分の計画どおりに運動や食事改善が進むとはいえないからです。

ダイエットを成功させる方法には、摂取カロリーを減らすものと、消費カロリーを増やすものとがあるようです。

摂取カロリーを減らす代表的な方法は食事制限、消費カロリーを増やす代表的な方法は運動です。

健康的なダイエットを成功させるには、両方からの取り組みが大事です。

どちらか片方だけではダイエットの効率が悪く、健康面にも問題が生じる恐れがあるためです。

ダイエットの方針を決めたら、具体的な内容をそれに基づいて決めていきます。

ダイエットの成功というのは、目標体重まで減らすというわけではありません。

体重やボディバランスが目標としていた形で体に定着し、自然に維持ができるという状態がダイエットの成功なのです。

ダイエットダイアリーのコツ

ダイエットダイアリーのコツ

日記をつけるように、食事した内容や体重を記入するのがダイエットダイアリーです。

基本的には毎日コツコツ更新することが大切なので、ズボラな人にとっては、3日坊主にならないことが大切です。

ダイエットダイアリーだけではなく、すべてのダイエットに共通して言えることでもあります。

期日をあえて設定してあるインターネットのダイエットダイアリーというものもあるそうです。

期間を設けて、じっくりとダイエットに向き合うことが、ダイエットの成功の秘訣でもあります。

すぐにあきらめないことと、とにかくダイエットをしていることを常に意識しておくことが大事なのです。

お知らせ機能がインターネットのダイエットダイアリーにはあるので設定しておくのも良い方法ではないでしょうか。

ダイアリーのつけ忘れを通知したり、アドバイスが届いたことを知らせてくれます。自分が今ダイエット中ということを、常に意識することができます。ダイエットを成功に導くためには、ただがむしゃらに行うのではなく、プランを立てたほうが達成しやすいといえるでしょう。

ただ単にダイエットをするのではなく、目標を決めて長期に渡っていかに根気よく続けていけるかがダイエット成功のカギになります。

ダイエットダイアリーにとって重要なのは、毎日の習慣にして自分をコントロールすることなのです。