就職と履歴書・模擬面接・適性・偏差値・試験とは

  • 2020年12月28日
  • WORK

就職活動する時に職場探しも大切ですが、履歴書と職務経歴書も重要ポイントと

なります。

ここでは、履歴書、職務経歴の書き方など就職活動に役立つ模擬面接、適正検査

就職偏差値などのわかりやすい方法をご説明させて頂きます。

就職と経歴書の内容

就職と経歴書の内容

就職活動時の書類審査では、履歴書と職務経歴書によって判断されます。

どちらも評価する時には大変重要な書類となります。

履歴書は、フォーマットも決まっています。

書く内容も学歴や就職経験があれば入社した年や退社した年、簡単な理由などぐらいで特に難しいものではありません。

多少の違いはあれ、履歴書はほぼ同じような内容になります。

その点、職務経歴書は、こう書くという決まりがありません。

周りの人と違う、自分だけの職務経歴書が作れますが、そのせいで書き方がわからなくもなります。

履歴書のような決まったマス目を埋めるような書き方ではなく、職務経歴書はどこに何を書くかも自分で決めます。

ある意味個性が出ますし、アイデアがある人は他の人よりも有利になる可能性があります。

ほとんどの人は書式が自由となると反対に戸惑ってしまい、職務経歴書が書けないようです。

職務経歴書の書き方のノウハウ本やインタネットの転職サイトでも、いろいろと職務経歴書の書き方が掲載されています。

どうして良いかわからない人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

就職の時に必要な職務経歴書の内容は一般的には自分がこれまでに経験してきた仕事内容について詳しく書くことです。

自分は新しい職場ではどのような形で役に立つのか、その根拠となるキャリアや技術は持っているのかなどをまとめます。

職務経歴書にしろ、履歴書にしろ、さほどじっくりと見ているわけではないという企業も存在しているようです。

求人倍率の高い企業に応募する時は、採用担当者が数十秒しか職務経歴書を見ないこともありますので、内容をわかりやすくまとめることが大事です。

就職活動を成功に導くための模擬面接会への参加

就職活動を成功に導くための模擬面接会への参加

就職活動を成功させるためには、面接をクリアすることが必須になります。

典型的な就職活動では、応募時に必要な書類が求人要項で指定されており、応募者はまずその書類を送ります。

書類内容に基づいて一次審査があり、結果に応じて二次に進みます。

書類選考は郵送した書類などで受けられますが、その後の採用面接では、基本的には相手企業まで直接行く形になります。

どれだけ立派な書類が用意できたとしても、面接でいい結果が残せないと採用には至りません。

面接でミスをしないようにするには、予行演習や事前対策が必須です。

ですから、就職活動では仕事探しと同時進行で、面接対策を始めるようにしたいものです。

面接対策は、例えば新卒なら大学のキャリアセンターでポイントのアドバイスをしてくれますし、また先輩に体験談を聞くことで参考にすることができます。

社会人が転職活動をしている時は、ハローワークや転職支援会社のサービスを活用して面接の準備や情報収集に取り組むと効率的に進められます。

就職市場に詳しいキャリアコンサルタントと相談して、自分に合うキャリアプランをつくり、就職活動や面接試験対策に活かすのもいい方法です。

緊張した時の無意識の癖など、注意すべき点を客観的な視点で教えてもらえることも、模擬面接を受けておくことの利点です。

ハローワークでも、無料で模擬面接を受けて、受け答えになれておくことができますので、体験してみるのもお勧めです。

面接は回数を重ねればそれだけ慣れてきて、余裕を持って面接試験に臨めるようになるのでおすすめです。

実際の面接試験の場で自分の本来の力を発揮するためにも、しっかりと準備を怠らないようにしましょう。

就職の適性検査とは

就職の適性検査とは

就職の最初の関門に適性検査がある場合があります。

適性検査でチェックすることは、人間関係や仕事内容全般に関する適性です。

適性検査を行うことで、精神状態は安定しているか、抗ストレスは強い方かなどがわかります。

適性検査を受けることで、対人能力、責任感、急場の判断力、粘り強さなど、何に秀でている人材なのかを化学的側面から割り出せます。

就職活動している人が企業の社風に合っているのか、希望する職種の適性があるのか等について検証されます。

適性検査をする会社は、採用試験の序盤で求職者全員に受けてもらうということが多いようです。

就職活動を成功させるためには、序盤の適性検査でつまづくことのないよう、あらかじめ適性検査についてある程度の下準備を行っておくことが大事です。

就職博では企業と直接関係ない就職活動相談コーナーがあり、専門の就職活動コンサルタントと話をする機会があります。

本命の企業を受ける前に4~5回は適性検査を受検し、出来れば適性検査の結果がどの様になっているのか知っておくと面接を有利にすすめることができるでしょう。

適性検査を受けて、自分がどんな仕事に向いているかを知ることによって、就職活動時の自己アピールも要点を押さえたものになります。

人気企業だと適性検査の結果だけで落ちる事もあるそうです。

適性検査は就職活動をスムーズに行うだけでなく、採用試験の最初の段階としても効率的に機能しています。

就職偏差値とは

就職偏差値とは

就職に必要なスキルが、平均からみてどのくらいの位置にあるかを数値化したものが就職偏差値です。

就職試験を無事にパスできるかどうかは、就職活動時の懸案事項です。就職試験にも大学受験のときのような模擬テストがあります。

志望する企業への内定確率がわかったら便利だろうという期待にこたえて就職偏差値テストが作られました。

就職活動で採用が決まるには、出身大学、能力適性だけでなく、教養やコミュニケーション力などがチェックされます。

過去3万人の大学生が就職活動を経て内定をもらった時の傾向を分析し、スキルとして評価したものが就職偏差値というわけです。

内定が取れそうか、適応状況はどうかが見極められるのです。

就職偏差値を測定するサービスを取り扱っている株式会社ギジネスでは、無料で就職偏差値テストが受けられます。

同社では求職者にテストを受験した人の成績の分析などを基にした情報提供も行っています。

自分の就職偏差値を知るためには、就職偏差値テストを受ける必要があります。

就職偏差値テストは、大学生だけを対象としています。

就職偏差値テストは、受けた後の結果通知に就職偏差値の数字の他、行きたい業界への適応率はどのくらいか、企業への内定判定はいくつかといった細かいデータも一緒にわかります。

偏差値という形で自分の就職活動へのスキルを知ることで、どういった就職活動を行うと目指す結果が得られるかがわかりやすくなります。

就職試験に出る作文とは

就職試験に出る作文とは

就職試験では色々な問題が出題されますが、中には作文や論文を出す企業もあります。

作文のテーマは会社によって様々ですが、その会社に入ったどんなことをしたいかなどを書くことが多いようです。

また、会社によっては、これからの自分の人生についてや仕事をどう考えているかなどをテーマに設定します。

タイトルは様々あるように見えますが、求められている内容はほぼ一緒であると考えてよいでしょう。

応募者に作文を書いてもらうことによって、会社側はどんな期待をしているのでしょう。

就職試験を受ける人の人生への姿勢と会社への姿勢の2つを見ているといえます。

人生に対する考え方にだけでなく、入社したい会社に関する理解をきちんと行っているかもか確認しています。

最低限、自分の言いたいことを相手に伝えられるくらいの文章力は持っておくことです。

全くの他人が読んでも意味が通じるような文章を書けるようにしましょう。

誤字脱字もマイナスポイントになります。自己アピールや仕事にかける熱意に関しても、就職試験では気にされています。

就職試験を勝ち抜くための作文を書くためには、自分の特性やアピールポイントを把握し整理しておく必要があると言えます。

まとめ

就職活動時の書類審査では、履歴書と職務経歴書によって判断されます。

職務経歴書はどこに何を書くかも自分で決めるのも重要です。

どれだけ立派な書類が用意できたとしても、面接でいい結果が残せないと採用には至りません。面接でミスをしないようにするには、予行演習や事前対策が必須です。

実際の面接試験の場で自分の本来の力を発揮するためにも、しっかりと準備を怠らないようにしましょう。

適性検査は就職活動をスムーズに行うだけでなく、採用試験の最初の段階としても効率的に機能しています。

偏差値という形で自分の就職活動へのスキルを知ることで、どういった就職活動を行うと目指す結果が得られるかがわかりやすくなります。

就職試験を勝ち抜くための作文を書くためには、自分の特性やアピールポイントを把握し整理しておく必要があると言えます。