円満退職のポイントと辞める時期の決め方

  • 2020年12月19日
  • WORK

会社側に理由があって退職する人、自分自身に退職の理由がある人、年齢的な理由で退職するということもあります。

円満退職のポイントとして覚えておきましょう。

退職する時期は1カ月後~3ヶ月後くらいにしましよう。

個人的な理由や転職都合などで仕事を辞めるという時に退職タイミングを判断するには

円満退職のポイントは計画性とスケジュール

円満退職のポイントは計画性とスケジュール

円満退社のポイントについて調べてみました。

一口に退職といっても、いろいろな退職があります。

会社側に理由があって退職する人、自分自身に退職の理由がある人、年齢的な理由で退職するということもあります。

これらのカテゴリ分けには入っていませんが、円満退職という用語があります。

円満退職とは、自分の周囲も納得づくでどこにも問題なく仕事を辞めたという状態のことです。

「円満退職しました」と書かれた葉書を知り合いから受け取ることがあります。

事前に退職までの見通しを立てて、計画的に退職までもっていくことが円満退職では欠かせないポイントといえます。

社の就業規則を確認しなけければいけないことも、円満退社のためにはあります。

退職の理由が、社内の付き合いに関わることや会社の待遇への不満だったという人もいます。

とはいえ、遺恨が残るようなやめ方をしてしまうといつどこで我が身にはね返ってくるかわかりません。

退職する時はどこにも波風立てずに辞めたいものです。

円満退職には、自分一人が満足する退職ではなく、社内の人との関係や付き合い先、家族も皆が納得するような形で退職をするように状況をもっていく必要があるといえます。

円満退職をするために重要なことは、会社に対して退職の希望を伝える場合は今日明日にでも辞めたいといった急な話は避けてください。

最低でも、退職する時期は1カ月後~3ヶ月後くらいにしましよう。

辞めたいという場合は、まず直接の上司に言ってください。円満退職のポイントとして覚えておきましょう。

仕事を辞める時期の決め方

仕事を辞める時期の決め方

個人的な理由や転職都合などで仕事を辞めるという時に退職タイミングを判断する根拠は、どういう点にあるのでしょう。

もともと日本では、一度勤めた職場は、定年の年になるまでずっと勤めるという形が、スタンダードなものでした。

定年前に退職することは、少し前までは滅多にない話でしたが、最近では退職や中途採用が、ありふれた話になっています。

ただし、今の自分の仕事を次の人に伝えたり、社内の関係者や取引先に挨拶をしたり、会社での風習やものの考え方によって、退職は神経を使う作業になりえます。

なるべくスムーズに仕事を辞めるには、どのようにそのタイミングで退職するのが良いのでしょうか。

どのタイミングで退職をする場合でも、不測の事態が起きているというわけでもなければ、できるだけ早いうちから退職をいつにするのかを明確にして、予定を組むようにすることです。

そして、早いうちから直属の上司に退職の意向を伝えておきます。

意向を伝える時には、できるだけ周辺の状況を固めておく必要があります。

退職をするならいつごろが自分自身や会社にとって負担が小さく済むのかを、十分に検討することが大事になります。

この時、仕事を辞めるべき時期と自分の意向が固まった時期との間隔が短いと悩む間もなく辞めるべき時期が決定してしまいます。

企業の仕事は、年間を通して一定ではありません。

多忙な時期に退職する人がいると仕事が倍加しますので、望まれません。

一方で、ボーナスが支給される時期であれば、急いで退職せず賞与の支給を待ってから退職する方が、より賢い選択といえます。

人事異動に合わせて仕事を辞めたり、お盆や年末年始の休暇で辞めることで、自分が辞めるタイミングと周りの人が休みに突入するタイミングを一緒にして、スムーズに仕事を辞めるという方法もあります。

まとめ

円満退職には、自分一人が満足する退職ではなく、社内の人との関係や付き合い先、家族も皆が納得するような形で退職をするように状況をもっていく必要があるといえます。

どのタイミングで退職をする場合でも、不測の事態が起きているというわけでもなければ、できるだけ早いうちから退職をいつにするのかを明確にして、予定を組むようにすることです。

意向を伝える時には、できるだけ周辺の状況を固めておく必要があります。