WORK

【Work_1】転職で仕事の選択する際の大切な4つのポイント!

転職

そろそろ転職したい!

そう考えている人も、どうやって転職活動をすればいいか、どのように仕事を選べばいいかわからないと悩んでいる人も多いかと思います。

そんな悩んでいる人に対して、転職活動に入る前に考えておくべき大切な4つのポイントを紹介したいと思います。

Ⅰ.転職で仕事の選択をする時の4つのポイント

転職で職業を選択する際、気をつけるべきポイントはなんでしょうか。

働き手不足が社会的に問題になるほどの状況で、求人数が増える一方の中、働き手が足りていないというのが現在の状況です。

求人が数多くあり、選択肢が豊富なことは、就職活動をする上でとても助かります。

しかし、多くの仕事があり過ぎるので、なかなか選び切れないという人もいるようです。

自分が何をやりたいのか、自分は何をやったら満足できるのか、よくわかっていないという状態です。

納得のいく転職活動をするためには、仕事を選択する時の基準をどうするかが重要です。

1.自分の職歴や資格をふりかえってみよう!

自分が現在に至るまでどんな仕事をしていたか、どんな実績があるかを、転職活動前に確認してみましょう。

漠然と仕事が辛いから辞めて、他の会社に転職したいという考えでは、後から後悔する事になります。

現在の仕事と向き合い、なぜそう考えたのか、どうしたら改善できるのかを見つめ直して、選択肢を作るところから始めましょう。

現代に至るまでの職歴や資格を活かした転職活動をすれば、意外と簡単に就職できるかもしれません。
過去の実績を活かして転職先を決めるなら、比較的楽に次の仕事が見つかることもありますが、未経験の業種では厳しいでしょう。

転職活動を行う時には、年齢は重要な問題になります。一般的に若い人のほうが転職しやすく、ある程度年を取るとポストも少なくなります。

2.やりたい仕事のビジョンを持とう!

どんな仕事をしたいかやどんな仕事ならうまくできるかが、転職の成否を左右するでしょう。

漠然と売り手市場だから、どこでも働けると考えての転職であればとても危険です。

自分に合わないと安易に会社を辞めてしまう行為は、採用する側からすればマイナス評価にしかなりません。

一旦採用されても、すぐにやめてしまうのではないかと思われたら、転職活動がうまくいかなくなってしまうでしょう。

転職に至る事情は個々人で差がありますが、退職後のビジョンもよく考えて、本当に退職でいいのか、今一度検討し直すようにしましょう。

3.将来プランを考えよう!

勤労意欲を保つためにも、職業選択を行う時には、自分自身の考え方や将来プランをきちんと考えて、答えを出さねばなりません。

自分は何の仕事をすれば充実した生活を送ることができるのか、しっかり考えることが大切です。

自身が大事にしていることや重視したいこと何を第一に生きていきたいのかは、職業選択を左右する事柄です。

長い人生をどんなふうにして歩いていきたいか、自分と向き合って本音をきちんとくみ取ることが、職業の選択を行う時には大事です。

4.自己理解を深めよう!

自己理解のないままに手当たり次第に職業を調べても実際に自分に合うかどうか考える指標がないため決定が難しくなります。

ひいては会社側が提示する条件にばかり流されがちになってしまい、結果的にやりがいや向き不向きなどの面でのミスマッチを生んでしまうことになります。

幼いころから希望していた職業でも、大人になった今だからこそ、再度検討して、評価し直すことも重要です。

Ⅱ.まとめ

なんとなく仕事をやめたくなって、なんとなく転職活動をしようと考えたのでは、転職活動を上手く進めることはできません。

なぜ転職したいのか、どのような仕事に就きたいのかをしっかりと熟慮して、自己理解を深めていきましょう。

自己理解を深めることで、転職に対してのはっきりとしたビジョンが見えてきて、転職活動を上手く進めることができるはずです。

転職で仕事の選択する際の大切な4つのポイント!

1.自分の職歴や資格をふりかえってみよう!
2.やりたい仕事のビジョンを持とう!
3.将来プランを考えよう!
4.自己理解を深めよう!