転職サイトを利用してやりたい仕事を見つけよう

  • 2020年10月26日
  • WORK

いよいよ転職を考えたときに、どのようにして探せば良いでしょうか?

転職活動に大いに役立つのが求人サイトです。時間に縛られず、たくさんの情報に接することが出来るので、現在の仕事をしながらでも、転職先を探すことが出来るなど、メリットがたくさんあります。

今回は、求人サイトのメリットやデメリットをご紹介したいと思います。

Ⅰ.自分のペースで転職活動を進める方法とは?

自分で求人を探し、応募までするなら、就職活動に際しての日程管理がしやすくなります。

1.就職求人サイトの利用がお勧め

自分の都合のいいタイミングで就職活動をしたい人は、求人サイトの利用がお勧めです。

数多くの求人サイトがありますので、幾つか確認して、2つか3つに絞ると使いやすいでしょう。

効率的に求人情報を見つけるためには、自分の希望に近い求人情報が掲載されているところを探しましょう。

看護師や薬剤師、介護関係など種類は色々あります。

求人サイトの多くは条件検索や希望の新着求人の通知機能などがありますので、効率良く求人情報を探せます。

しばらく待てば、応募を受け付けた企業からレスポンスがあります。

2.就職支援サイトのメリット・デメリットとは?

就職支援サイトを活用するメリットは、自分の主導でスケジュールの管理ができることです。

就職斡旋を行う会社から求人の紹介をしてもらうという方法もありますが、熟慮する暇もなくエージェントが話を進めようとすると感じてしまう人もいます。

転職支援サイトに登録をして、ネットなどで求人情報を閲覧しながら仕事を探すという方法の場合、予定の進め方に融通は利きますが、非公開求人に触れる機会を失うかもしれません。

求人サイトを利用する場合は、その会社がどういった人間を採用したいと考えて求人を出しているかを分析することが、就職活動を成功させる突破口になり得ます。

企業との連絡調整や事前の準備、キャリアーシートや履歴書の作成は、独力で行うことが前提になります。

転職支援本転職に必要な情報をまとめたサイトなどがありますので、情報を集めて参考にするといいでしょう。

Ⅱ.転職のための求人情報の探し方

ネット検索が最近では主流となっているといわれているのが、転職のための求人情報の入手先です。

求人情報サイトの中でも転職のためのものには、2つの種類が大きく分けてあると考えてよいといいます。

1つ目はあらゆる業界の転職情報を掲載している総合的な転職のための求人情報サイトです。

専門職に的を絞った転職情報を掲載している専門職の転職の求人情報サイトが、2つ目です。

求人情報サイトの中は、転職を専門職の人がするためのものがあります。

看護師や医師だけの転職のための求人情報サイトやエンジニアやSEだけの転職のための求人情報サイトです。

すでにスキルやキャリアを専門的に持っている方もいます。求人情報サイトは、専門職に限定された転職のためのもののほうが簡単に転職先を見つけられるでしょう。

逆に営業職や事務職など、専門的ではない職種で転職先を探している方の場合はどうでしょうか。

求人情報サイトで探す場合には、専門職ではなく総合的な転職のためのものを利用しましょう。

求人情報を1つの転職情報サイトだけで得ようとすることは良くないという事は、どちらにも共通することだといえます。

1つの会社からの情報だけだと信憑性に欠けるようです。少なくとも2つ以上の転職情報サイトをチェックして求人情報の信憑性を確かめるようにしましょう。

Ⅲ.就職先を探すための求人情報

かつては、就職情報誌での求人情報チェックが一般的でした。エリア毎、業種毎など、たくさんの雑誌が出ていました。

近年では、ネット検索で地域や業種に応じた求人情報を探すという方法が多いようです。

インターネットで求人が探せるようになってからは、就職情報を無料で配る雑誌が多くなりました。

就職活動中の人が登録をすることで、就職支援をしてくれるところにハローワークがあります。

ハローワークは、地域の求人情報を求職者に提供したり、適性指導や就職に関する相談などの就職支援をしています。

ハローワークがして支援してくれるのは仕事の斡旋です。

面接や試験の日程調整や雇用内容に対する話し合いなど、働く上での条件についてはハローワークは関与しません。

定職についていない状態であることが、ハローワークに登録する時には求められます。

無職でなくても求人情報の閲覧はできますが、中にはハローワークに求職者の登録をしていないと見ることのできない求人情報もあります。

登録せずにハローワークの求人情報を閲覧し、ちょうどいい求人情報を見つけた場合でも、ハローワークの紹介ではなく自分で面接の申込みをするという形になります。

それなりの覚悟とやる気が就職活動には大事です。

就職活動がスムーズに行われるように支援をしてくれる機関は色々とありますので、賢く活用して良い求人を探してください。

Ⅳ.就職情報サイトを比較するときのポイント

インターネットの転職情報サイトを閲覧することで、最新の求人情報を得ることができます。

転職をスムーズに成功させるためには、自分の希望に合う求人がありそうなサイトを探すことです。

求人サイトの中には、一つの業種に関する求人情報だけを掲載しているようなところもあります。

出版翻訳業、医療介護関係、飲食業といった、専門的な求人サイトも便利です。

載っている数が多くない分、その業種の人ならではの視点から求人の紹介がされていたり、情報がまとめられています。

ただ求人情報が羅列されているのではなく、キャリアコンサルタントが仕事探しの手伝いをしてくれるサイトもあります。

キャリアコンサルティングをしてもらえるサイトや情報の検索性がいいサイトなど、求人サイトの特徴も様々です。

効率的に就職活動をするためにも、求人サイトが提供しているサービスの内容を比べてみて、自分に合うものを選びましょう。

キャリア相談ができるコンサルタントがいる求人サイトは、転職活動のやり方で悩んでいる人などの助けになってもらえます。

自分では全く接点のない業種だと思っていた求人でも、意外と自分の能力が生かせる仕事があるなど、他人のアドバイスは何かと有用です。

転職に成功した人の経験談や求人選びのコツ、面接の心得などをまとめたメールマガジンを発行している求人サイトもあります。

就職サイトに登録をする時には、就職が決まった後のフォローもしてくれるようなサイトも後々役に立つでしょう。

Ⅴ.まとめ

今回は、求人サイトの利用の仕方、そのメリットとデメリットをご紹介しました。

求人サイトのメリットは大きいので、転職活動に役立ててくださいね。