ダイエット

妊婦さんのダイエット

妊婦さんのダイエット

妊娠中のダイエット!食事と運動方法。

食生活や生活習慣を見直し、健康的な生活を送ることが基本です。

今回は、妊婦さんにもできるダイエット方法についてご説明します。

妊娠した時のダイエットについて

妊娠した時のダイエットについて

ダイエットは、妊娠している時にやらないようにしてください。

赤ちゃんが誕生の日まで、母親の体内で育っている状態が、妊娠期間になります。

おなかの中で赤ちゃんは細胞分裂を繰り返して、目に見えないくらいの大きさからどんどん大きく成長していきます。

妊婦がダイエットをすることは、お腹の中で成長している赤ちゃんのために良いことだとは言えません。

ダイエットとはもともとは健康のために食事の質や量を制限することを言います。

現在の日本では、痩せるために食事制限や運動をすることを指していることが多いので、少し意味合いが変わってきています。

妊娠中に体重が増加しすぎると、妊娠高血圧症候群になってしまう可能性がありますので、体重管理はきちんとしましょう。

むくみは、妊娠後期に特に出やすくなっています。むくみの影響で体重が増えることも、母子の健康には良くないので、十分に気をつけましょう。

体重が増えすぎた時には、医師からカロリーの摂り過ぎにならないように注意されることもありますが、それはダイエットではありません。

妊婦は太りすぎないように注意を払い、出産後は母乳をつくるための栄養を摂取するために、しっかり食事をするようにしましょう。

妊娠中は激しい運動はすべきでは無く、経過にもよりますが、歩くなどの軽い運動は問題ありません。出産後は育児の合間に、もとの体重体型に戻すためダイエットをすることは良いでしょう。

ダイエットには栄養バランスの整った食事を摂ることがとても重要

ダイエットには栄養バランスの整った食事を摂ることがとても重要

ダイエット中は食事をどのように改善するかが大事ですが、食事を摂らないダイエットは体によくありません。

単純に食事の量を減らせばいいというわけではなく、栄養バランスの整った食事をすることが欠かせません。

食べ物は、趣味嗜好のために摂っているのではなく、生きるために必要だから摂取しています。

栄養バランスが偏っていると、体の健康にも悪影響を及ぼして、ダイエットどころではなくなります。

例えば食物繊維は腸内環境を良くしてくれる栄養素なので、不足してしまうと便秘になってしまうことがあります。

すると体に老廃物が溜まりやすくなり、代謝も悪くなるのでダイエットには逆効果になります。

筋肉の原材料には、食事に含まれるたんぱく質が使われています。

十分なたんぱく質を摂取できていないと筋力が衰えてしまうため、代謝が悪くなります。

ダイエットのためには、筋肉量を増やしてエネルギーを消費しやすい体にすることも重要です。

カロリー過多な食事はダイエットに悪影響ですが、食事を減らし過ぎることもダイエットを阻む要因になります。

筋肉は加齢と共に減っていくので、さらに太りやすい体になってしまうので、食事の際には、良質なタンパク質を摂取することが大切です。

その他にも不足しがちなビタミンやミネラルなど、色々な栄養素を摂取する必要があります。

栄養バランスを整えようとして多くの食品を摂り過ぎると、摂取カロリーがオーバーしてダイエットの妨げになるので注意しましょう。

健康的な体重管理の方法について

健康的な体重管理の方法について

体に負担の大きい方法でダイエットをすと、痩せる前に健康を害してしまう恐れがありますので、注意が費用です。

どのくらいの体重が自分にとって望ましいのかは、簡単な計算で確認できます。

体重管理のコツは、毎日数字の変動の記録を行い、視覚化して把握する方法にあります。日々の体重の変化を折れ線グラフにすれば、体重が減っているか、増えているか一目でわかりますし、ダイエットを続けたいとも思うようになります。

自分の体重をどの範囲にしておきたいかや、何㎏まで痩せたいかを、グラフに赤線で示しておくと、わかりやすいでしょう。

最近は、スマフォの体重管理アプリを利用して、自分の体重を継続的にチェックしている人も多いようです。

アプリの中には、パソコンにデータを送る機能を持つものも多くあります。

パソコンの表計算ソフトを使って、体重を管理することもできるわけです。

体重をはかるときは、毎日決まった時間に計測する習慣をつけることで、体重の変化を正しく捉えることが可能になります。

一方、記録された数字は見るだけではなく、そこから様々な情報を読み取り、体重の維持やダイエットに役立てる事が肝心です。

毎日体重をはかり、カロリー摂取量や、運動の有無と組み合わせて考えることで、どんなことをした日は体重が増減したかが確認しやすくなるでしょう。

太り気味の体型のせいで、高血糖や高血圧の可能性が高まっていると言われたり、自発的に体重を減らしたいと思うようになったら、体重の管理を開始するいい機会です。

健康や、美容にいいダイエットをしたい場合は、体重を測定し管理することを毎日の習慣にするところから始めてみるといいでしょう