ダイエット

食事と運動でダイエット

食事と運動でダイエット

ダイエット成功の秘訣は「食事」にあり!やせる食生活のルール

どうしても痩せない! という場合は心がけている食事こそが逆効果を生んでいるのかも。

太らない食生活にはいくつかルールがあるんです。そんな痩せるためのダイエット法をまとめてみました!

減量の成功の秘訣はなんといっても食事と適度な運動の両立

減量の成功の秘訣はなんといっても食事と適度な運動の両立

減量を目指す時にまず取り組むべきことは、カロリー制限をするために食事の量を減らすことです。

ただし、闇雲にカロリー摂取量を少なくするだけでは減量は達成できません。

1日の摂取カロリーを減らしている期間ちゅうは減量効果がありますが、食事量を戻すと体重も回復します。

減量を成功させるためには、適度な運動によって体の筋肉量を減らさないことが大切です。

食事などで得たカロリーは、筋肉で燃やされて消費されますので、筋肉量が多いことがカロリー燃焼の基盤になります。

年を取ると筋肉が衰えて代謝が悪くなり、その状態で若いころと同じ食事を摂ると使い切れないカロリーが脂肪になります。

漫然と食事を減らそうとすると、たんぱく質不足に陥ります。その上、運動量が足りないと、筋肉が衰えていきます。

たんぱく質の少ない食事を摂っていると、減量目的で食事を減らしている筈が、筋肉が衰えて脂肪が増えやすい体になります。

減量を成功させたいなら、ただ食事を減らすだけでなく、たんぱく質の摂取を維持しつつ、運動もすることです。

ダイエットで減量しているのは、実は脂肪ではなく筋肉が減っているという場合も少なくありません。

引き締まった健康的な体になるために減量をしているなら、筋肉は増やし、脂肪を減らすべきです。

減量に取り組む時には、体重だけを気にしている人も多いですが、体脂肪率や筋肉量にも配慮して取り組みましょう。

痩せるコツと食べ物

痩せるコツと食べ物

1.食べ物が重要

痩せるコツを考える時には、食べ物がとても重要なポイントになります。

1.1食事のカロリー制限

痩せる為に食事のカロリー摂取量を減らそうとして、野菜サラダやこんにゃく、きのこ類や海藻類などの低カロリーの食品のものばかりを食べる人がほとんどでしょう。

低カロリーの食事をしてダイエットをするというアプローチは、痩せるコツと言えるものではありません。

カロリーの低い食事をしていると、体が省エネモードに突入してしまい、ダイエットがしづらい体質になってしまいますので、いい方法とはいえません。

栄養バランスのいい、過不足のない量の食事をすることが、ダイエットには必要になります。

1.2たんぱく質

食事からはたんぱく質をきちんと補給することが、重要なポイントともいえます。

たんぱく質というと肉類ですが、肉には脂肪も多く含まれているので、ダイエットをしている人の中には肉類を一切食べないと言う人もいます。

たんぱく質と言うのは筋肉をつけるために必要な栄養成分です。

筋肉量が低下すると新陳代謝が低下して、ダイエットが難しい体質になってしまいますので、筋肉はダイエットには必須です。

食事からたんぱく質を補給し、運動をして筋肉を増やすことで、新陳代謝が促進され、体内の脂肪がスムーズに燃焼するようになるのです。

体内のカロリーを速やかに燃焼させるためには、筋肉をつけて代謝アップをはかることが重要です。

カロリー制限を重視しても、脂肪燃焼が活発になることはありません。たんぱく質を食事から取り入れ、運動と組み合わせて筋肉をつけることが、痩せるコツであるといえるでしょう。